何もかもが(仮)な場所

figmaペリーヌ・クロステルマンの発売を心待ちにしているブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

figma改造「ウォルター・C・ドルネーズ」その1

いろいろな方の作品に触発されたので、僕もfigma改造に手を染めてみようと思います。

製作するキャラクターは「ウォルター・C・ドルネーズ」、「HELLSING」に登場するカッコいい執事の爺さんです。
ウォルターさんはやや長身のイメージなので、長身キャラである彼を素体とします(現時点で一番の高身長であるfigmaルルーシュは体格が独特なので見送りました)。

古泉全体図(ブレザー無し)

ブレザー&ネクタイ無しの状態で失礼します、SOS団のイケメン担当古泉氏を用意しました。
ブレザー無いとシンプルに怖い
諸星大二郎の作品に出てくる化け物っぽいねw

ウォルターは上半身はベスト&ワイシャツ&ピシッとしたネクタイ、下半身はスラックス&革靴とシンプルで古泉とも共通するパーツが多いので素体そのものにはあまり手をいれなくてもよさそうです。


彼を素体に選んだ一番の決め手は「古泉の前閉じブレザーを切った貼ったすればベストっぽくなるんじゃね?」と思いついたことにあります。
ですが、手にとっていろいろいじってみるとブレザーパーツの厚さ、形の相異、ディテールの消去の軟質素材に対する加工など、結構難しそうです。

ベスト作成は一番の難関になりそうなので自分の技術で可能な製作法を考えていきます。

完成まで一ヶ月を目標にして、製作を始めたいと考えてます。




スポンサーサイト
  1. 2008/09/29(月) 21:59:48|
  2. figma改造
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

figma改造「ウォルター・C・ドルネーズ」その2

注意

 肩部分のジョイントは普通に引っ張ってもなかなか取れない(最悪ジョイントが破損する可能性アリ)ので、40~50℃程度のお湯に1分ほど胴体を漬けてから引き抜いてください。(リボプライヤーが部品を傷つけないのでグッドですが、僕は持ってないので口をマスキングテープで保護したペンチを使用しました)
 また、60℃以上のお湯に漬けるとパーツが変質してしまう様なので注意してください。(2ch figmaスレ まとめwikiより)


 第二回です、今回は肩をいじりました。

ウォルターの肩はワイシャツなので白い肩ジョイントが必要です。
古泉の肩ジョイントは制服の色に合わせた濃いグリーンなので交換しなければいけませんが、残念なことにfigma肩ジョイントパーツは単品で市販されていません。

いっそ投売りされてるハルヒや関羽雲長から肩ジョイントを取ろうかとも考えましたが、figmaもマネーももったいないので肩ジョイント自作に挑戦してみました。

材料は「イエローサブマリン 関節技 球体ジョイント ピュアホワイト」、「100円ショップのメガネホルダーに付いていたパール地のビーズ(キャンドゥの商品、この商品から4つの白ビーズが取れる)」、それと「瞬間接着剤(今回はWAVE ×3G 高強度タイプを使用)」です。

肩BJ素材
真ん中付近の白いビーズが目的のブツ。

白ビーズの穴を「丸」棒ヤスリで球体ジョイントの軸がはまる大きさまで広げ、軸を差し込んだら反対側から1mmほどはみ出した余分な軸を切り落とします。
さらにこのビーズはそのまま胴体にはめ込んでもユルユルで使い物にならないので、ビーズを瞬着で一回りほど太らせたら完成です。

自作肩ジョイント
自作ジョイント比較
左が古泉の肩ジョイント、右が今回作成した肩ジョイントです。

純正肩ジョイントは可動部分の直径が約6.5mm、肩ボール部分の直径が約5mm。
自作肩ジョイントは可動部分が8mm、ボール部分が5mm強となっています。

上半身(方白間接)
右肩の塗装は紙やすりで削り落としています。

ウォルターは肩ジョイントが露出するので、貧弱にならないよう純正より大きめのジョイントを選びました。

上半身サイド肩ボール


自作肩ジョイント(ボール部分)サイドからの図、ジョイントの径を大きくしたので肩部分を少し削り干渉しないようにしています。

ここまで作ってみてようやくボール部分が「白い」必要が無いことに気づきました、外からは見えないから何色でもいいのね……orz

ボールと軸を接着していないので球体ジョイントの交換が可能ですが、肩ボール部分を取り出すのが困難になります。
あらかじめ球体ジョイントの軸と肩ボールを接着しておいても問題は全く無いので、心配な方はそうしてください。
お湯ポチャで取り出しやすくしてからから肩ボールの穴に頑丈な棒(棒ヤスリや精密ドライバー)を挿し込み無理やり抉り出すことも可能ですが、この方法は胴体を破損する可能性も考えられるので実行する方は自己責任でお願いします。

イエサブの球体ジョイントには7mm径が無いので、純正サイズの肩ジョイントを作ることが出来ませんが、一部キャラクター肩のの補修・改造には使えると思います。

今回は肩ボール部分に100均商品のオマケみたいなビーズを使いましたが、もっとコストパフォーマンスが良い、瞬着で太らせなくても丁度いいサイズの素材をご存知の方がいましたら教えて下さい。

  1. 2008/09/29(月) 23:26:29|
  2. figma改造
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

figma改造「ウォルター・C・ドルネーズ」その3 途中経過

第三回です、下半身をいじってます。

全体図 オムツ


 こ れ は ひ ど い 

腰部分をそのままにしておくのはあまりに貧相なので造形に挑戦しています。
立体物で見本があればいいんですが、あいにく他の男フィギュアは仮面ライダーくらいしか無いので参考にはなりません。

あと分かりにくいですがズボン裾のダブついた部分を削って細くしています。
ここは後にロールアップ部分を作ります。

肘は足首の白ジョイントと交換しています。

下半身 正面 オムツ
荒削り後
下半身だけ見ると腰の大きさはこんなもんだと思うので、ここから調整していきます。

しかし、全体が丸っこくて厚いからかオムツにしか見えない。

下半身 オムツ サイド


尻のラインは結構気に入ってます(もう少し頂点を下げたほうがいいかも)。


腰を作りつつ、大きな悩みどころの一つ「頭部」にも手を付け始めています。

腰すらまともに作れない僕に頭部フルスクラッチなんて真似は10年早いので、サイズの合うフィギュアから持ってきます。

さて、「古泉の頭部と同じくらいの大きさで痩せ型の爺さんで髪型がオールバックで300円くらいの頭部なんてあるかな~、無いよなそんな都合のいいの……」なんてことを考えながら近所の買取王国を物色しておりましたら……

「あ、本当にあった」

顔素材キビト

ドラゴンボールZ キャラプッチ 『無敵のフュージョン!編』のキビトさんです

特徴的な鳥山眼やM字の生え際、普通の鼻(ウォルターは立派な鷲鼻)、盛り上がった眼の上部分など何箇所か加工の必要はありますが、コスト(購入価格180円、おそらく他ならもっと安いと思われる。需要と人気的に考えて)の面から考えて、これ以上の爺さん顔素材は無いと思います。
今回はキビトの顔前半分を複製し、後半分(耳、後ろ髪)をパテで新造しようと考えています。

顔 型


とりあえずダイソーで買ってきた「おゆまる」で適当に型をとって見ました。

キャラプッチは暖めれば首が外れます。

頭部みたいな細かい部品をおゆまるコピーするのは初めてなんですが、結構綺麗に型がとれています。

顔型テスト

腰に盛ったパテの余りを適当に型に詰め硬化させたテストショットがコレ。

考えていた以上に綺麗にコピーできています、正直かなり驚きました。
画像ではわかりにくいですが、デコや目元の細かいシワなんかも完璧です、おゆまる超スゲェ!

これをいじってウォルター顔に近づけていきます。



  1. 2008/10/05(日) 19:32:11|
  2. figma改造
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

新作改造中

名護さんの顔に試行錯誤しながら、他も平行して作り始めています

KIF_2203.jpg
とりあえず作業中のパーツ

髪を作るのに悩みながら製作中
後ろ髪のパーツは「フィギュアマイスター涼宮ハルヒの憂鬱2 鶴屋さん」からです、figma凛の顔パーツとあわせるとと一回り大きい感じがします。

前横
凛の腰周りマジエロイ

凛ボディの胸を棒ヤスリでガリゴリ削り、芯の胸部分にエポパテをはりつけてナイムネを作ってみました。
もう少し盛り上がった部分の幅を狭くしようかと思います。

腕はfigma凛の魔術刻印腕をおゆまるコピーを加工したものです。
袖を下から2mmのところまでを削り、薄く延ばして帯状にカットしたエポパテを貼り付けました。

ついでに、フィギュアマイスター鶴屋さんを挿げ替えした画像貼っておきますね

KIF_1838.jpg
  1. 2008/12/30(火) 00:54:17|
  2. figma改造
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

スクラッチに挑戦中

某変態キャラが欲しくなったので、フルスクラッチの練習がてら挑戦しています。

実はフルスクラッチと呼ぶには少々語弊があり、おゆまるコピーに失敗した古泉フェイスを土台に作っています。

KIF_2440.jpg

目部分と顎部分に木パテを盛りました。
既に目鼻があるとバランスを取る手間が省けて楽です。

KIF_2627.jpg
現在の状態

顎のラインは大体完成、もうちょっと角ばらせたいですが立体はなかなか思うようになってくれない。
鼻を少々大きめにしています。
目部分は、モールドを彫るか、浅くへこませるだけにするか考え中
原型が完成したらおゆまるコピーで量産、その後表情を彫るつもりなので口周辺はならすだけ。

ちなみに、某変態とは彼のことです

零 正面

輪郭がシンプルなので入門編に丁度いいかと思いきや、顎のラインがシャープにならないよ!



  1. 2009/02/06(金) 00:19:24|
  2. figma改造
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。