何もかもが(仮)な場所

figmaペリーヌ・クロステルマンの発売を心待ちにしているブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

S.H.フィギュアーツ改造 ジライヤ 1

どうも、お久しぶりです

先日2chまとめブログを見ていると、こんな書き込みを見かけました。

38 名前: チョーク(大阪府)[] 投稿日:2010/02/23(火) 15:26:42.48 ID:6i5iJPDr
仕事場にいつジライヤが入ってくるかと
思うと気が気じゃない

いつ入ってきてもいいように
ちゃんと床を磨いてワックスもかけている


らいぶろちゃんねるさんの記事より

この書き込みがツボに入った僕は、すぐさまYOUTUBEにてジライヤのOPを見に行きました。

「やだっ……ジライヤかっこいい……」

次の瞬間にはヤフオクで当時モノのミニソフビに入札していました。

KIF_4551.jpg

今回の素材の一部

素体はいろいろ考えた結果、手首が豊富かつ足首のデザインがジライヤに近いという理由でフィギュアーツのドモンさんを使用します。

右の白いのは、ミニソフビをおゆまるで型取りしてレジンに置換したものです。
20年前のソフビと侮っていましたが、ジライヤさんめちゃめちゃイケメンで驚きました

同じバンダイなのに当時の仮面ライダーソフビはあんまり似てないのはどういうことなの……?

KIF_4572.jpg

ミニソフビのジライヤ(第二形態)です

クウガと比較すると、上半身はほぼ同サイズということがわかります

KIF_4557.jpg

頭部を掘り込みドモンのボールジョイントがはめ込めるようにします

首はそのままでは貧弱なので、10mm径熱収縮チューブで2重に覆っています


ジライヤといえば、網タイツ
網タイツ再現には3mm径のメッシュチューブを使用しました。

編みこみの樹脂製素材なのでバラけたりチクチクしたりと面倒な素材ですが、アーツサイズの網目再現にはかなり使える素材です。

3mm径のパイプは~12mm程度まで広げることができるので、フィギュアに網タイツを履かせたい場合にうってつけの品です(笑)

似たような素材でコトブキヤからメッシュパイプユニットという商品が出ていたようですが、現在は廃盤になったのかどの店でも全く見つかりませんでした。

KIF_4563.jpg

腕や太ももをバラして1パーツづつチューブに包み、チューブをパーツの形に追従させるようにを瞬着で無理やり固定します。
メッシュチューブは切断面が非常にほつれやすい素材なので、パーツの両端部分には特に気をつけて固定していきます。

固定が完了したら、余白部分を切り取って完成です(画像下)

KIF_4565.jpg

メッシュを貼り終えた太ももパーツを足パーツに合わせました。
スネ部分には着込んでる感が欲しかったので、熱収縮チューブを巻いています

KIF_4566.jpg

全体を熱収縮チューブで覆ってニーソを作ります。

KIF_4568.jpg

膝部分のチューブが柔らかい内に膝を曲げ伸ばしすると、自然な感じのシワを作ることが出来ます

KIF_4569.jpg

チューブで覆うことで、全体的に元よりもマッシブになりました

KIF_4577.jpg

現在の状態です

素体にソフビのジライヤ(第一形態)の装甲を被せました。
ソフビは腰回りの幅つめ等の加工を行い、ややスマートにしています

スポンサーサイト
  1. 2010/09/15(水) 21:40:06|
  2. S.H.フィギュアーツ改造中 ジライヤ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

一万ヒットありがとうございます

なんだか知らないうちに1万ヒット超えをしていました。

こんなに更新の少ないブログを見に来てくださるみなさん、本当にありがとうございます。
  1. 2010/09/15(水) 21:42:47|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

S.H.フィギュアーツ改造 ジライヤ 2

今回は腰部分を主にいじっていきます

KIF_4579.jpg

股間パーツ延長のガイドです

胸部アーマーに嵌る大きさの筒を0.3mmプラ板で作ります
大きさ調整のため、やや先細り気味に作りました

KIF_4581.jpg

こんな感じで股間パーツに嵌め、胸部アーマーとの距離を調整して固定します

KIF_4606.jpg

内側はベビーパウダー&瞬着のパテで埋めています

KIF_4585.jpg

思ったよりもガイドが綺麗に出来たので、その上から直接0.3mmプラ板の帯を巻いていきベルト部分を作りました。
1mm、3mm、1mm幅の0.3mm厚プラ板の帯を順番に貼りつけています

KIF_4589.jpg

ジライヤは仮面ライダーBLACK RXのような短パンデザインなので、股間パーツをボリュームアップします。

KIF_4594.jpg

ここで突然ですが、最近購入した聖闘士聖衣神話の3rd素体が登場します

上の写真は足首パーツをfigmaの靴を交換しています

3rd素体の特徴
・可動はフィギュアーツドモン以上(ドモンより細身なので可動範囲が大きい、特に足は正座が出来る)
・figma男性キャラ並の背の高さ
・関節の保持力はイマイチ頼りない
・首が太い
・細身なのに肩幅が広い
・フィギュアーツとの手首の互換性は無い

いろいろ調べたところ、聖衣を着るために特化した素体のようです
そのため裸体としては微妙なバランス(肩幅とか)ですが、ソフビを着せる用途で使うならドモン以上に使いやすいんじゃないかと思います。

KIF_4596.jpg

なぜここで3rd素体が出てきたかというと、フィギュアーツドモンと3rd素体の首パーツには互換性があるからです

ジライヤはかなり首が太いデザインなので3rd素体の首パーツがいい感じにマッチすると考えました

KIF_4599.jpg
首パーツを交換した状態です

ドモンは過剰なくらい太い首になってくれました
3rd素体にドモンの首パーツも違和感ありません、一石二鳥です。

KIF_4609.jpg

ジライヤの太い腹回りを再現かつ可動範囲を確保するために熱収縮チューブで軟質パーツ作り、
腹パーツを覆うように被せています。

KIF_4593.jpg

ジライヤを観ていると胸部アーマーの肩周りのバランスが気になったので4mm程延長します。

熱収縮チューブの切れ端をガイドにエポパテを盛りました。

KIF_4613.jpg
現在の状態

太くなった腰パーツと太ももパーツに挟まれた無加工の股関節が不自然だったので、股関節パーツも若干太めにしました。

短パンと足の境界部分に違和感があるので、ここは要調整ですねー


  1. 2010/09/18(土) 19:56:32|
  2. S.H.フィギュアーツ改造中 ジライヤ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

S.H.フィギュアーツ改造 ジライヤ 3

作業が進むにつれて作業効率が落ちている気がします、こんばんわ

KIF_4572c.jpg

素材になったソフビです

肩アーマーと胴体が一体化している方が見栄えはいいのですが可動に大きく干渉する場所なので、別パーツ化しました

KIF_4617.jpg

肩アーマーを切り取った上半身アーマーは、第一形態の肩部分を延長した時と同様に軟質パーツをガイドにパテを盛っています。

ソフビから切り取ったそのままの肩アーマーはサイズが合いません

KIF_4620.jpg

というわけで延長しました、これが現在の状態です
これもまた「軟質パーツをガイドにエポパテを盛って~」って感じです

右下の第一形態用アーマーは瞬着ベビーパウダーパテで気泡処理中です。

瞬着ベビーパウダーパテは本当に便利ですね、木パテの欠けた部分や剥離した部分に盛るだけで強力に食いつき硬化も早い、その上切削性も非常に良好です。

これ無しではフィギュアをいじれない体になってしまったのかもわからんね


KIF_4615.jpg

このまま終わるのもアレなので、フィギュアーツの股関節パーツの画像を置いておきます。

太ももパーツを外すと、PVC製の股関節カバーを外すことが出来ます。
カバーを外した先にはネジ止めされた股関節ジョイントが現れます。
試してはいませんが、ココのネジを外せば腰パーツを分解出来るんじゃないかと思います。

figmaやリボルテックと比べて分解しづらくどうにも改造をしにくい印象をフィギュアーツに持っていたのですが、ドライヤーと精密ドライバーを使えば意外とあっさりに分解出来て驚きました。
  1. 2010/09/19(日) 23:50:13|
  2. S.H.フィギュアーツ改造中 ジライヤ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。