何もかもが(仮)な場所

figmaペリーヌ・クロステルマンの発売を心待ちにしているブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

S.H.フィギュアーツ改造 ジライヤ 4

9か月ぶりの更新です、お久しぶりです

長い間手を付けていなかったジライヤの制作を再開しました。

今回は主に腰をいじっています
IMG_1310.jpg

ソフビからおゆまるで型を取った留め金部分をパテで複製、ベルト部分に接着しました。
腰と太ももにかかるパンツ部分の色分け線をスジ掘りしました。

あと地味に腹の軟質パーツも前回より太く作り直しています。

IMG_1312.jpg

磁光真空剣も作りました、デザインが完全に把握できていないので仮verですが

サイズがちょうどよかったので「エヴァンゲリオン フィギュアコレクション特務指令#2」付属の忍者刀(長)をベースに0.5mm厚プラ板で鍔を新造しました。

IMG_1306.jpg
成敗!

2本指立てた手首はエースのものを使っています、妙に存在感がある手首です。
親指が閉じているのが正式なポーズの様なので少し加工が必要ですね。

このアングルだと腰がアンバランスに見える、正面から見るとそこまででも無いのですが、やはりボリューム不足は否めない感じがします。

こういうパンツ系のスーツはwatabonさんの仮面ライダーBLACK RX改造品みたいにソフビをかぶせた方が雰囲気出るのかな?

まあ今更作り直すのもアレなので、その辺りは完成してから考えます。

スポンサーサイト
  1. 2011/07/02(土) 20:00:48|
  2. S.H.フィギュアーツ改造中 ジライヤ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

S.H.フィギュアーツ改造 ジライヤ 5

今回は腰回りの小物や飾りを作っていきます。

IMG_1310.jpg
ベルトの金具部分が前回のコレではあまりに酷いと思ったので作り直しました。

IMG_1315.jpg
0.3mm厚のプラ板をいくつかの幅に細切りにして組み合わせ、接着しています
マスキングテープの粘着面の上に並べると凄く作業がしやすかったです

IMG_1320.jpg
接着剤乾燥後に形を整えたのがこちら、同じものを4つ作りました

IMG_1328.jpg
IMG_1329.jpg

こんな感じで腰回りに接着し、コトブキヤの1mm径丸リベットを貼りつけました。

IMG_1326.jpg

ジライヤ第一装着の右腰の小物入れもプラ板で作りました。
ボタン?部分の形状が映像からでははっきりとわからなかったので、ソフビを参考に造形しました。

IMG_1323.jpg

前回作った磁光真空剣の鍔が紛失したので、ちゃんと映像を資料にして新規に作り直しました。



  1. 2011/07/07(木) 19:04:23|
  2. S.H.フィギュアーツ改造中 ジライヤ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

リボルテック メローナの股関節改造法 他

この記事のコメント欄でのふおんさんの要望に「近日中」と答えたのにもかかわらず半年以上経過してしまいましたが、今更ながら僕がメローナに施した改造法を紹介したいと思います。

ふおんさん、長らくお待たせして申し訳ありません m(__)m

今回の記事はR-15程度にエロスなので、そういうの苦手な人は注意してください。

股関節に施した改造は「lunchibo x」さんのfgでの投稿に倣ったものです。


以前の記事でも紹介しましたが、こちらの投稿を参考にしました。

材料

・5mm径のボールジョイント(以下BJ)とボール受けを2セット
BJの代わりに5mm径プラビーズでもOK
手持ちのプラ製ビーズで試したところドリルで穴を拡張するとビーズがパキパキ割れてしまいました、検証せず憶測で書いてしまい申し訳ありませんでした。
わざわざ穴を開けるのも手間がかかるので、waveのBJプラサポ①に付属の穴あき球等を使用するのをオススメ致します

 
・10㎜径リボジョイント(フレッシュ)


IMG_1353.jpg

いきなり大体完成していますが、10㎜径リボジョイントの片方の軸に、ドリルで3mm径の穴を掘った5㎜径BJのボール部分を通して接着しています。

省スペース化のためBJの受けの軸を切り飛ばしています。

今回は関節技のBJ(中サイズ)を使用しました。

IMG_1350.jpg

メローナの股関節をリューターか彫刻刀で深く掘っていきます、BJ受けを収めるにはかなり掘り込まなければならないのでパーツを破損しないよう注意して作業しています。(深く掘り過ぎて私は背中部分を一部破いてしまいました……)

深さは大体ヘソの下あたりまで掘り込みました。

IMG_1354.jpg

BJ受けの接着にはグルーガンを使用しました、スキマの充填と接着が同時に行うことが出来て硬化も早いのでかなり便利な道具です。

胴体パーツの中に小豆3粒程のグルーを流し、太ももパーツに先ほど作ったリボジョイントとBJ受けを嵌めてそのまま胴体にBJ受けを埋め込み、丁度いい位置で硬化を待ちます。

深く掘り込んで胴体の軸穴や腰のスタンド用軸穴と繋がってしまうと、ここ作業でグルーがムニュと軸穴を塞いでしまうので、あらかじめ穴に3㎜プラ棒でも差し込んでおくと余計な作業が省けてグッド。

IMG_1358.jpg

数分もあれば硬化しているので、太ももパーツを抜き取ります。
BJ受けが胴体内部に固定されていたら成功です。

IMG_1362.jpg

完成したのでポージング、figma用に首を改造しているのでみくるヘッドを使用します。

IMG_1361.jpg

ついでに首の改造箇所も紹介しておきます。

メローナの頭部に接着されている首パーツを剥がし、ナイフで余計な部分を削り落として首パーツを円柱状に整形します。
さらに首パーツを上下逆にし(首の根本の軸受けを頭部の軸受けにする)胸パーツに接着後、3mmドリルで首パーツの穴を貫通させて出来上がり。

IMG_1363.jpg

IMG_1367.jpg

もちろんM字開脚も完璧!

IMG_1370.jpg

こんなポーズも楽々!


この股関節改造の最大の利点はポージングのしやすさ向上だと思います。
10mmリボジョイントの頼もしい保持力により、ポージング中に勝手に動いたりせず自立もさせやすくなります。
足首をイエサブの関節技に交換すると接地性が向上し、さらに自立させやすくなります。

またオリジナルのままだと隙間が気になるポーズも、10mmジョイントが隙間から露出することで多少見栄えも向上していると思います。

しかしメローナボディをいじってるとなんというかムラムラきて困る、超楽しい

  1. 2011/07/11(月) 19:13:51|
  2. 小ネタ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

リボルテック改造 流浪の戦士レイナ美白化 その1

シリコンを使用した複製にリボルテックメローナのボディで初挑戦したので、複製品を使用して以前から気になっていたリボレイナの美白改造に着手しました。

IMG_1391.jpg
IMG_1392.jpg

出来上がった型はこんな感じです

IMG_1389.jpg

湯口が低すぎてレジンが回りきらなかったので、油粘土で土手を作って複製しました。

使用シリコンは造形村新スーパーEXシリコン
使用キャストはWAVEレジンキャストEXノンキシ(アイボリー)

上の画像の肌色レジンはキャストA液100gにタミヤエナメルのクリアオレンジ15滴、クリアイエロー10滴、クリアレッド8滴混ぜ込んで作りました、やや色白な感じです。

おゆまるで肌色レジンを作った時は数g程度のレジンを混ぜ合わせる直前にその都度エナメルを混ぜ込んでいたのですが、微細発砲が多発して出来たパーツは使い物になりませんでした。
今回は混ぜ込む度に調色するのではなくあらかじめ100g程度のA液にエナメルを混ぜ込んでおく方法を採用したところ、問題無くカラーレジンによる複製が出来ました。

カラーレジンを扱う人には常識だとは思いますが、大量のレジンにエナメルを混ぜ込む方が湿気の影響が少ないようです。


レイナ美白化改造は蟹光線さんのfgの記事を参考っていうか殆ど真似しました。
目標は↑この超カッコイイレイナ

IMG_1406.jpg
現在の状態

手持ちのメローナボディにパーツのみを使用しての改造なので、顔は元のレイナのままです。
エリナ欲しいけど結構高騰してるんですよね、つい3か月前はナナエルや2Pアイリと同じ1500円くらいだったのに

何故僕はあの時エリナでは無くてナナエルを買ってしまったんだろう……
まあスパイラルカオスでナナエルさんが超可愛かったからなんですけど

IMG_1399.jpg
脚部分

太ももと膝の回転軸を切除して3mmプラ棒に変更、受けをホットボンドで作りました。
正直このままでは保持力が弱いので要改善ポイントです。

IMG_1400.jpg
胴体部分

首回りのベルトは裏側のダボを削っただけです。

アーマーは作例に倣ってブラと腹部分で分割しました。
ブラは細切りの茶色ブーツキーパーで作ったベルトで背中アーマーと接続しています。

パンツはキャストオフを捨て、掘り込んで造形しました。
ラインガタガタ、筋掘りは苦手だ……

IMG_1401.jpgIMG_1402.jpg


キャストオフを捨てた代わりに「脱がなくてもエロイ、むしろ脱がない方がエロイ」を目標に同色のレジンを盛ってモリマンっぽくしてます。

右は無改造のメローナボディ、ヘソ下は派手に盛り上がってるのに土手周りは結構肉薄だNE!

……しかし胴体を傾けてるせいかモリマンというよりリトルジョンinビキニパンツっぽい(;^ω^)

IMG_1403.jpg
IMG_1404.jpg
太もも部分

元のメローナの太ももを削ってやや細身にしました。

ゲームブックの「流浪の戦士レイナ」はムッチムチですが、この辺は自分のイメージを優先しています。

IMG_1407.jpg
頭部

首を何気に2重関節化してますが、頭部側のジョイントが前後で1クリック分しか動かないので効果が無いわけじゃ無いけど……という微妙な結果に。

おさげも可動させたいけど黄色の4mmリボ玉って何に付いてるんだろ、ご存じの方がいたら是非教えてください

IMG_1398.jpg
腹アーマー

ノーマルVer腹アーマーは下半分をおゆまるで複製して上下を接着、胸側の矢印の様な部分を削って整形、ブーツキーパーで作った茶と黒のベルトで胴体にかぶせるようしています。

ダメージVerは裏側を削り込み、0.3mm厚のプラ板をライターで炙って動きを出したベルトを接着しました。
前垂れも同じようにライターで炙って形状を変え、動きを派手にしています。

IMG_1409.jpg
M Ver

鎧のベルトが攻撃の衝撃で弾け飛ぶ感じが出てると思います。
しかし陰影や乳首塗ってないだけで凄いガッカリおっぱい…… (;^ω^)

IMG_1411.jpgIMG_1393.jpg
改造前後の身長比較

参考元の記事の通り、身長が3mm程高くなっています。
メローナボディと交換したことで脚部と胴体や全体の肉付きなんかのバランスが非常に良くなりました。

こんなステキな改造法を考案してくれた蟹光線さんに感謝!

とりあえず手持ちで出来ることをした感じです、ここからはエリナの顔パーツや4mm玉対応の剣持ち手が必要になりますね。
  1. 2011/07/31(日) 01:50:09|
  2. 小ネタ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。