何もかもが(仮)な場所

figmaペリーヌ・クロステルマンの発売を心待ちにしているブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

figma改造「ウォルター・C・ドルネーズ」その1

いろいろな方の作品に触発されたので、僕もfigma改造に手を染めてみようと思います。

製作するキャラクターは「ウォルター・C・ドルネーズ」、「HELLSING」に登場するカッコいい執事の爺さんです。
ウォルターさんはやや長身のイメージなので、長身キャラである彼を素体とします(現時点で一番の高身長であるfigmaルルーシュは体格が独特なので見送りました)。

古泉全体図(ブレザー無し)

ブレザー&ネクタイ無しの状態で失礼します、SOS団のイケメン担当古泉氏を用意しました。
ブレザー無いとシンプルに怖い
諸星大二郎の作品に出てくる化け物っぽいねw

ウォルターは上半身はベスト&ワイシャツ&ピシッとしたネクタイ、下半身はスラックス&革靴とシンプルで古泉とも共通するパーツが多いので素体そのものにはあまり手をいれなくてもよさそうです。


彼を素体に選んだ一番の決め手は「古泉の前閉じブレザーを切った貼ったすればベストっぽくなるんじゃね?」と思いついたことにあります。
ですが、手にとっていろいろいじってみるとブレザーパーツの厚さ、形の相異、ディテールの消去の軟質素材に対する加工など、結構難しそうです。

ベスト作成は一番の難関になりそうなので自分の技術で可能な製作法を考えていきます。

完成まで一ヶ月を目標にして、製作を始めたいと考えてます。




スポンサーサイト
  1. 2008/09/29(月) 21:59:48|
  2. figma改造
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<figma改造「ウォルター・C・ドルネーズ」その2 | ホーム |

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://karikari753.blog105.fc2.com/tb.php/3-76b1e2ab
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。