何もかもが(仮)な場所

figmaペリーヌ・クロステルマンの発売を心待ちにしているブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ガソリンの水抜き剤でfigmaの塗装が落とせるかどうか試してみた

注意:ここで紹介する「イソプロピルアルコール(イソプロパノール)」は引火性が強く、ある程度有害な物質ですので取り扱いには十分な注意を払ってください。

危険性についてはここここを参考に。

以前、ミクロマン改造をしていた時に知った塗装剥がしの方法です。

ラッカーシンナーで溶剤に弱い素材の塗装剥がしに使うと下地を侵して割れたりしますが、ガソリンの水抜き剤(イソプロピルアルコール 以下IPA)は下地を痛めずに塗装を剥がせます。

ただし相性があるようで、素材によってはIPA漬けで割れてしまうこともあるようなので注意してください。

ちなみに私はIPA漬けで「キン肉ミクロマン ブラックホール」「ミクロマン イプシロン」の塗装を剥がした事がありますが、問題無く成功しました。

方法は簡単で適当な容器に水抜き剤を入れ、そこにパーツを数時間漬け込んだ後、浮いてきた塗装を歯ブラシで擦り落とすだけです。

厚手のビニール手袋と毛先を短くカットした歯ブラシ(入り組んだ場所は擦れないが、擦る力が強い)、ピンセットがあると便利です。

KIF_2928.jpg
今回使用した水抜き剤

ガソリンの水抜き剤はホームセンターやカー用品の店で手に入ります。
価格は大体100円~
以前はダイソーなんかでも置いていたそうですが、最近では危険物として取り扱わなくなったようです。

結果から言うと失敗でした。

KIF_3085.jpg
figmaハルヒ メガホン持ち手(三日間漬け込み済)

成型色(肌色)の上に黄色塗装、手首間接の強度を調べるためにこのパーツを選びました。
それに壊れても比較的ダメージが少ないですし。

普通は数時間、長くとも一日で塗装は浮いてきますが、このパーツは三日漬けこんでも塗膜がビクともしません。

塗装以外でも、特に何か変化とかはありません。

楽に塗装を剥がす方法が効かないのは残念です。

KIF_2930.jpg

塗装剥がしに使用する水抜き剤はIPA99%以上の『ガソリン車用』を選んでください。
同じ水抜き剤として『ディーゼル車用』がありますが、これはIPAの割合が少ないです。

IPA以外のものが入っていると、下地を侵す原因になります。



参考
IPA漬けについて詳しいbrog TRM様内のページ:塗装剥離実験室



おまけ

KIF_3080.jpg
マスコレ3 マスクドカブト

ついでに一緒に漬け込んだマスコレは一時間強の漬け込みでボロボロ塗装が落ちた。

複眼部分をシンナーで落とすと、塗料と溶けたプラスチックが混ざって塗装が落とせなくなったり、下地が割れたりと取り返しの付かないことになるので、この方法は有効かもしれない。

ただし2時間以上漬け込むと割れるかもなので、一時間くらいで様子を見てください。
スポンサーサイト
  1. 2009/02/15(日) 17:00:59|
  2. 実験
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<自由樹脂についてレビュー | ホーム | figma 関羽雲長 身長延長改造>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://karikari753.blog105.fc2.com/tb.php/39-6e95a2e9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。