何もかもが(仮)な場所

figmaペリーヌ・クロステルマンの発売を心待ちにしているブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

figma改造 相川 摩季 その1

先月エアマスターを読み返して以来、勢いで作っています
素体は高身長改造した関さん

KIF_3111.jpg

まずはさらなる身長延長改造
ルーズソックスの穴を拡張します

エアマスターことマキちゃんはやたらと背が高いので(恐らく180cm以上)、以前の胴体軸&首延長程度ではまだまだ足りません

KIF_3115.jpg

パテよりも保持力が高いので、3mm径の穴を開けたPVC(多分)の筒をジョイントの受けにします
ちなみに素材はQ-Joyのキャラの二の腕部分・・・だったかな?

このパーツをドッキングさせた状態の身長が以下の感じ
 
KIF_3098.jpg
(ハルヒ<改造関さん<古泉)

残念ながら古泉には届きませんでした
これ以上伸ばすと足長すぎバランス悪しになるので、この身長で決めていこうかと

KIF_3103.jpg
(ハルヒ<改造関さん≦キョン)

肩の位置はキョンを超えました
身長は大体同じくらいかな?

KIF_3106.jpg
(キョン<改造関さん)

関さんの足長杉ワラタ

KIF_3117.jpg

この時点では、腹部は胸部と一体化していました
しかしこの方法だと、スタイルが悪いわ胸部の可動が死ぬわなので取り辞め、我らが浅井氏の作品に倣った方式に変更

KIF_3203.jpg
胸部

短いセーラー服の裾が広がっていたので切除
襟は薄く延ばして半硬化させたエポパテの帯を貼り付け、瞬着で強度を高めています
襟はこのままか、熱収縮チューブに変更するか考え中

KIF_3118.jpg
胴体

胴体に直接エポパテを盛って、皺等を付けました
このままでも可動自体に全く支障はないのですが、シャツの裾が干渉してスカートの取り付けが困難になるので熱収縮チューブで覆いました

KIF_3190.jpg

熱収縮チューブで形を付けた後、干渉する裾部分のパテを除去しました
これで恐らくはスカートの取り外しが出来る

KIF_3187.jpg
脚部

やや長めにルーズソックスの底部を盛った後、シャツと同じ方法で可動を確保
熱収縮チューブはあまり細かい造形を拾ってくれないので、デコボコが出ない程度に表面処理をすれば十分かと

KIF_3198.jpg

ここまでは楽に靴を可動させることが出来ます

靴はローファーっぽい造形を削り落としスキマ埋め、スニーカーもどきにします
マキちゃんはハイカットのスニーカーを履いているのですが、このサイズで挿げ替え出来るものが見つからないのでとりあえずこのまま。

KIF_3193.jpg

現時点ではこんな感じ

現在、貴重な半そでパーツを無くして涙目状態です
熱収縮チューブでなんとかなるかなぁ
スポンサーサイト
  1. 2009/03/17(火) 21:14:07|
  2. figma改造
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<孫策発売決定、うれしいやら悲しいやら | ホーム | figmaサイズの小物製作 とある看板娘の装備一式>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://karikari753.blog105.fc2.com/tb.php/42-1adc15ac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。