何もかもが(仮)な場所

figmaペリーヌ・クロステルマンの発売を心待ちにしているブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

S.H.フィギュアーツ改造 ジライヤ 2

今回は腰部分を主にいじっていきます

KIF_4579.jpg

股間パーツ延長のガイドです

胸部アーマーに嵌る大きさの筒を0.3mmプラ板で作ります
大きさ調整のため、やや先細り気味に作りました

KIF_4581.jpg

こんな感じで股間パーツに嵌め、胸部アーマーとの距離を調整して固定します

KIF_4606.jpg

内側はベビーパウダー&瞬着のパテで埋めています

KIF_4585.jpg

思ったよりもガイドが綺麗に出来たので、その上から直接0.3mmプラ板の帯を巻いていきベルト部分を作りました。
1mm、3mm、1mm幅の0.3mm厚プラ板の帯を順番に貼りつけています

KIF_4589.jpg

ジライヤは仮面ライダーBLACK RXのような短パンデザインなので、股間パーツをボリュームアップします。

KIF_4594.jpg

ここで突然ですが、最近購入した聖闘士聖衣神話の3rd素体が登場します

上の写真は足首パーツをfigmaの靴を交換しています

3rd素体の特徴
・可動はフィギュアーツドモン以上(ドモンより細身なので可動範囲が大きい、特に足は正座が出来る)
・figma男性キャラ並の背の高さ
・関節の保持力はイマイチ頼りない
・首が太い
・細身なのに肩幅が広い
・フィギュアーツとの手首の互換性は無い

いろいろ調べたところ、聖衣を着るために特化した素体のようです
そのため裸体としては微妙なバランス(肩幅とか)ですが、ソフビを着せる用途で使うならドモン以上に使いやすいんじゃないかと思います。

KIF_4596.jpg

なぜここで3rd素体が出てきたかというと、フィギュアーツドモンと3rd素体の首パーツには互換性があるからです

ジライヤはかなり首が太いデザインなので3rd素体の首パーツがいい感じにマッチすると考えました

KIF_4599.jpg
首パーツを交換した状態です

ドモンは過剰なくらい太い首になってくれました
3rd素体にドモンの首パーツも違和感ありません、一石二鳥です。

KIF_4609.jpg

ジライヤの太い腹回りを再現かつ可動範囲を確保するために熱収縮チューブで軟質パーツ作り、
腹パーツを覆うように被せています。

KIF_4593.jpg

ジライヤを観ていると胸部アーマーの肩周りのバランスが気になったので4mm程延長します。

熱収縮チューブの切れ端をガイドにエポパテを盛りました。

KIF_4613.jpg
現在の状態

太くなった腰パーツと太ももパーツに挟まれた無加工の股関節が不自然だったので、股関節パーツも若干太めにしました。

短パンと足の境界部分に違和感があるので、ここは要調整ですねー


スポンサーサイト
  1. 2010/09/18(土) 19:56:32|
  2. S.H.フィギュアーツ改造中 ジライヤ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<S.H.フィギュアーツ改造 ジライヤ 3 | ホーム | 一万ヒットありがとうございます>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://karikari753.blog105.fc2.com/tb.php/58-cc5f034f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。